マーケティングオートメーションを社内に取り入れる時にはどんな点に気を付けるべき?

事業活動に役立つ機能をスムーズに使えるようにしよう

マーケティングオートメーションを社内に取り入れる際は、事業活動の様々な場面で役立つ機能が揃っているシステムを構築することがとても重要です。特に、年代や性別による購買状況をチェックしたり、社内の部門別の業務の進捗状況を把握したりするには、早い時期から社内の責任者同士で話し合って、事業活動に適したシステムを選定することがポイントです。また、マーケティングオートメーションのシステム構築を進めるうえで、便利な機能をスムーズに使えるように心がけることが大事です。その他、必要に応じて同じ業界のライバル企業が導入しているマーケティングオートメーションの仕組みについて参考にするのも良いでしょう。

各部署のスタッフを対象に丁寧な業務研修を実施しよう

マーケティングオートメーションのシステムを社内の個々のスタッフが使いこなせるようになるには、ある程度の期間が掛かることがあります。そこで、短期間のうちに業績を伸ばしたり、新規顧客の獲得をしたりするうえで、業務の合間を縫って各部署のスタッフを対象にマーケティングオートメーションに関する丁寧な業務研修を実施することが大切です。一般的に、パソコンや情報処理に関する知識がない人であれば、マーケティングオートメーションの基本的な仕組みをマスターできるまでには、少なくとも一か月以上の学習が必要となります。そのため、業務研修の計画を立てるにあたって、本来の業務に負担が掛からないようなカリキュラムを組むことが成功の秘訣と言えます。

マーケティングオートメーションは設定作業や効果検証に専門知識が求められるとイメージする方も少なくありません。しかしながら、実際には専門知識が無くても実装、活用できるツールが数多くあります。