基幹システムを導入する時は内装と外注のどちらを選択すると良い?

システム構築のスキルに自信があれば内装がおすすめ

ECサイトの運営をスムーズに行う目的で基幹システムの導入を検討している場合には、内装と外装のどちらが良いかじっくりと検討することが大切です。たとえば、システム構築のスキルに自信がある人は、専用のソフトを使いながら基幹システムを内装することで、低コストでニーズに合うツールを使い始めることが可能です。最近では、ECサイトの運営者にとって使い勝手が良い基幹システムの特徴について、IT関連の情報誌や専門のサイトなどで紹介されることがあるため、システムの内装をする際は色々な情報源を活用することがおすすめです。また、顧客データを厳格に管理したり、収支の状況を分かりやすくしたりするには、高度なスキルが要求されるため、日ごろからシステム構築に関するスキルアップを図ることも重要です。

労力や時間を掛けたくない場合は初めから外注を選ぼう

ECサイトの基幹システム構築をする時に、できるだけ労力や時間を掛けたくないという人は、初めからIT企業に外注の依頼をすることがおすすめです。大手のIT企業の中には、システム構築にあたり、ECサイトの運営者を対象に様々な角度からアドバイスを行ったり、将来的に掛かるおおよそのコストについて詳しく説明したりするところも多くあります。そのため、信頼できるIT企業に一通りのシステム構築の作業を任せるうえで、各分野のエンジニアや営業担当者などと念入りに話し合いをすると良いでしょう。その他、知名度が高いIT企業と契約を結ぶ際は、依頼内容によって納期が長くなる傾向があるため注意が必要です。

基幹システムとは、企業の活動を記録していく上で必要とされる運用システムのことをいい、受発注業務や工程管理など、企業毎にその仕組みは様々です。