iPhoneが水没してしまった!まずやるべきこととは!?

iPhoneの電源はオフにしておくことが鉄則

iPhoneを大事に取り扱っていても、うっかりプールや海、風呂などの水周りに落としてしまうことがあります。iPhoneは高額な通信機器なので、ショックで慌ててしまうことでしょう。また、水につけてしまったら、操作ができるかどうか、色んなところを触れて動作確認をしたくなるかも知れませんが、それはちょっとやめておいたほうがいいです。応急処置としては、電源が入っているとショートしてしまう恐れがあるため、まず電源をオフにすると良いです。水没して電源がオフになった状態だった場合は、電源はオンにしないようにオフのままにしておく必要があります。うかつに色んな操作をしてしまったら、中のデータが失う可能性も出てきます。不安で触りたくなるかも知れませんが、そこはぐっと我慢して、完全に外側や内側が乾くまで電源はオフにしておくのがベストです。

iPhoneを水没させてしまった時に絶対やってはいけないこと

iPhoneを落とすつもりはなくても、ポケットから出し入れするときに水たまりに落としてしまったり、プールやお風呂の中に水没させてしまうこともあります。そんな時は、あせってiPhoneを振って水分を落としてしまおうとするかも知れせん。でも、それはちょっとやめておいた方が良いです。そうすると、水分が内部に余計に浸入してしまうこともありますし、範囲を広げてしまうことになりかねません。iPhoneを水たまりに落としてしまったときは、画面に亀裂やヒビ割れを起こしているかも知れませんし、他の部分も損傷を起こしている可能性もあります。そういった部分に水分が入ると故障の原因にもなります。水没させてしまっても、完全に乾かした後に、不具合や故障の様子もなく、再度使用できる場合もあるので、適切な応急処置をしてiPhoneをよみがえらせましょう。

iPhone修理は、修理専門店や技術者がいる家電量販店などで行うことができます。修理の際には、事前に連絡して部品があるか確認すると安心です。