目からウロコ!iPhoneのガラス割れを防ぐのに効果的な対策3選

画面の保護シートを「強化ガラス」に交換する!

iPhoneの画面を保護するシート状のものは、大きく分けて「ポリエステル製」と「ガラス製」の2種類があり、それぞれで特徴が異なります。まず前者の「ポリエステル製」のものに関していえば、安価でタッチパネルの感度も落ちにくい反面で衝撃には弱く、傷は防げてもガラス割れ防止には期待が持てません。一方で「ガラス製」の保護シートは、高価で分厚すぎる製品はタッチパネルの感度に影響を及ぼす可能性もありますが、非情に貼りやすくガラス割れにはめっぽう強いです。このように素材によって役割が大きく違いますので、ガラス割れを防止したいということであれば選ぶべきは後者の「ガラス製シート」になってきます。

「バンパー系」のケースを利用する!

iPhoneのケースといえば、「シリコン製」、「プラスチック製」、「手帳タイプ」などさまざまなものがありますよね。そのそれぞれに良し悪しはあるわけですが、ガラス割れ対策にもっとも有効とされているのは、ステンレスなどでできた「バンパータイプ」のケースです。バンパータイプのケースは枠の部分のみの構造の製品が多く、素材も強度が高いものが使用されているため、角から落として割れることが多いiPhoneのガラスにはもってこいの製品となっています。

「バンカーリング」も効果的!

本来、操作性の向上や横向きでも動画を見やすくすることを目的に使用するのが「バンカーリング」ですが、実はガラス割れ防止にも効果的なんです。指を通して操作していれば手元が滑って落とすリスクは大幅に軽減できますし、万が一落としてしまったときも背面から落ちたら衝撃を吸収してくれます。

iphoneの修理にかかる日数や時間は、混雑具合や壊れた部位、パーツの有無によって様々です。事前に確認をし、修理中、利用出来る機種がない場合にはレンタルを考えることも大切です。