プライベートでも役に立つ!接客業業界の研修

正しい敬語と礼儀は基本です

百貨店や飲食業などの業界で行われる研修では、マナーに関する知識とスキルが身に付きます。

中でも正しい敬語の使い方とお辞儀の仕方は、是非覚えておきたいものです。

間違えやすいのが、お客様と話すときの職場の人間の呼び方です。例えば「松井さん」というスタッフのことをお客様と話すときには「さん付け」はしません。「松井が……」というふうに呼ぶのがマナーです。

またお辞儀には、角度15度の会釈、30度の敬礼、そして45度の最敬礼があり、クレームが出たときなどは最敬礼をします。

こうした常識を研修で学ぶことができるのです。

笑顔の研修で魅力的に!

百貨店業界などで行われているのが、笑顔研修です。

二人一組で向かい合って、口角を上げて笑顔の練習をします。笑顔を作ったまま、頑張って3分間ほどキープします。そしてお互いの笑顔をチェックして、何か改善点があれば指摘し合うのです。

素敵な笑顔は接客業の基本ですが、プライベートでも役に立ちますよね!さわやかな笑顔は、みんなに好印象を持ってもらえることでしょう。

発声練習は小顔効果もアリ?!

接客ではてきぱき分かりやすくお客様に何かを説明しなければいけないシーンも出てきます。明るい元気な声で挨拶することも大事です。

そのために行われるのが、発声の研修です。

おなかに手を当てて丹田に力を入れ、「アエイウエオ、カケキクケコカコ」と発声します。これはおなかから声を出すことや、活舌良くなる効果があります。

またしっかり口の筋肉を動かすようにすることで表情も豊かになりますし、顔も引き締まり小顔効果にもつながるでしょう。

社員研修とは特別授業のような形で、社員に特定の知識を教えるための場です。仕事を行いながらではなく専用の時間を設ける事で、効率的に社員に対し知識や経験を与える事が可能になります。