プライバシーの守り方!後悔しないために!

プライバシーが漏れると怖いことも起こる

プライバシーが漏れてしまい、怖い思いをすることがあります。その典型的な例としては、ストーカー被害でしょう。プライバシーがきちんと守られていれば、被害を受けなかったという例は数多くあります。では、プライバシー情報が漏れないためにはどうすればいいのでしょうか。

個人情報に気を付ける

プライバシーを守るためには、個人情報に注意することが大事です。個人情報は自分から流出する可能性が高いです。懸賞がもらえるアンケートに答えるときに、住所や電話番号を書くことがあるかもしれません。そこからどこに情報が流れるか分からないのです。また、インターネットに個人情報を載せることも漏洩に繋がります。インターネットは不特定多数の人が利用できるものですので、誰が見ているか分からないのです。悪用しようと思えば、簡単にできてしまうのがインターネットの情報です。匿名性が高いため悪用した人の身元は分からないことをいいことに、利用する人がいます。生活していると個人情報を書かなければならないことはあります。その場合であっても、信用できる所にだけ公開するようにしましょう。

携帯電話は個人情報の宝庫

携帯電話は個人情報がたくさん入っているのにセキュリティが甘いツールの一つです。落としてしまった時のために、高度な認証をかけておくことは必須です。指紋認証であれば、本人以外が開けないので安心できます。落とさないようにする工夫も必要でしょう。落とし物をしやすい人は紐で繋ぐなどの工夫をすると携帯と共に個人情報も守れます。

シュレッダーは書類を細断する機械です。個人情報ののった書類や重要書類のいらなくなったものも細断して内容が分からなくなるので、安心して処分することができます。